住宅のリフォームや外壁塗装の説明

住宅総合案内

familly

住宅とは、人が生活を送る建物のことである。
住居やマイホームなどは、呼び方は違うが意味は同じである。

日本の住宅の歴史は、誰もが一度は聞いた事があるであろう、竪穴式住居が始まりと言われている。
その後に、平地住居や高床式住居というものが生まれ、平安時代には貴族の住まいとして寝殿造が成立した。
そして、室町時代になると日本建築の様々なシステムが完成し、今日の和風住宅の原型が成立したのである。
江戸時代までは、住居に対する様々な制限があったが、明治時代になると制限もなくなり、資力に応じた家が作られるようになった。
また、昔からの農家の家は床が高く、見通しが良い家だったので、雨が外壁に直接かからないように建てられていた。
更に、外壁は藁で編んだ施工で、土壁が一番通風性がよく、外壁塗装などをしなくても50年~100年経っても持つものだった。

種類

住宅には、大きく分けて持ち家と賃貸がある。
持ち家は、一戸建てや分譲マンションといった種類に分ける事ができる。
賃貸は、民間賃貸や公共賃貸といった種類に分ける事ができる。

戸建て持ち家の特徴は、購入した家となるので、ご自身で計画的な修繕計画を立て、家の外壁塗装などを行う必要がある。
また、家の外壁などの他にも、生け垣や庭などの家の周囲の手入れなどを全て自分で行わなければならない。
分譲マンションは、一つの敷地に複数の人が共同で所有するため、共同で管理することになる。
賃貸は、住宅を所有しているオーナーと契約を交わして居住する家の事である。
複数が同じ建物の中に住むので、上下や左右の部屋の迷惑にならないよう、音や臭いなどに気を付けて居住しなければならない。

構造

kouzou

住宅の構造は、周辺の環境や敷地の広さや形状、建築の規模やデザインに合ったものを選ぶことが、大事なポイントとなる。
また、構造にはいくつかの種類が存在する。
例えば、木造や鉄骨造、鉄筋コンクリート造などである。

木造は、鉄やコンクリートをではなく、木材を使うので軽量で、地盤への負担も小さくなるという特徴がある。
また、木材は加工が容易で様々な間取りや、デザインにも対応する事ができる。
鉄骨造は、柱や梁などの主要構造部分に鋼材を用いた建物の事である。
鋼材は、強度が強くて品質が安定している為、鋼材材料としては非常に優れている。
鉄筋コンクリート造は、圧縮力に強いコンクリートと引張力に強い鉄筋を組み合わせた構造のことである。
耐震性や耐火性、耐久性に優れ、自由度の高い設計に適している。

このように、住宅の構造というのは様々で、それぞれの要望に応じて造られている。